スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間による勝敗判定

  • 2014/06/08(日) 09:28:12

時間によるクローズ強化の第二段が完成しました!

負けの判定と勝ちの判定を同じ時間で行うのではなく、別々に判定するように設定しています。

短時間の判定に向かないロジックもありますが、それでもどちらか片方は早い段階で判定出来るみたいですね。


やはり保有時間を制限するのは、あらゆる面でメリットがあるようです。


そのメリットは何かですが、まずは負け金額の減少です。

1敗あたりの負け金額がかなり減り、勝ち金額も大勝ちが減る反面で、ほとんどで微増となりました。

ドローダウン自体もかなり減った割には、利益は余り減らさずに済んでいるものが多いようです。


ただ、勝率は大きく下げてしまうみたいですね。

前は勝率も重視していましたが、1敗損失の大幅減の方が勝率の減少を大きく上回っているので、まぁ良しとしましょう。

結果的には安定度がかなり高くなったと言えるでしょう。


次は、レバレッジの増加が可能になったことです。

ドローダウンの減少による部分もありますが、何よりも保有時間が短くなったことで、同時に多くのポジションを抱える心配がなくなった事です。

また、レバレッジが高められることで、少額運用の効果が高くなるのも大きなポイントです。

今までは平均して3〜5倍程度でしたが、ものによっては元の2倍以上増やせたりしています。

せっかくの海外口座も、これで大活躍する事になるでしょう。


さぁ次のテーマですが、急変動対策効果の検証が急務のようです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。